レーシック 手術最前線TOP > ウェーブフロントレーシックについて

ウェーブフロントレーシックの登場

今日の近視矯正手術のほとんどは、フラップの作成方法の違いこそあれ、その後必ずエキシマレーザーを照射します。エキシマレーザーの登場が、近視矯正手術を進歩させたといっても過言ではありません。
しかし、そのエキシマレーザーも万能というわけではなく、不正乱視のような角膜に局所的なゆがみがある場合、それを修正するような照射はできず、術後の視力回復にも限界がありました。
そこで、その弱点を改善するために「ウェーブフロント(wavefront)」という技術を装備した検査機器と連動した新しいエキシマレーザーが開発され、注目を集めています。

ウェーブフロントとは

ウェーブフロントアナライザー(波面収差解析装置)ウェーブフロント(テクノロジー)とは、元来宇宙光学の分野における技術で、宇宙望遠鏡の開発のために生まれました。レンズによって像ができるときに発生するゆがみ(収差)を、限りなくゼロに近づける技術のことです。

エキシマレーザーにおけるウェーブフロントは、「ウェーブフロントアナライザー(波面収差解析装置)」という検査機器を使用して、角膜にある細かな凹凸をも精密な地形図のように測定し、網膜から反射してきた光の偏差度合いから収差を分析して、コンピュータ制御でレーザー出力を調整します。
つまりウェーブフロントとは、角膜の形状を立体的に捉えることで収差を解析し、個人個人の眼に合わせた照射パターンを正確にエキシマレーザーに実行させる技術なのです。
このウェーブフロントと連動したエキシマレーザーで行う近視矯正手術を「ウェーブフロントレーシックWavefront-guided LASIK)」と呼びます。

ウェーブフロントレーシックとレーシックを比較

ウェーブフロントレーシックは、非常に簡単に言ってしまえば通常のレーシックにウェーブフロントアナライザーで解析したデータを使用するのが特徴です。
メリットは、 角膜のゆがみを精密に解析して行うので、不正乱視の屈折矯正が可能となります。不正乱視の方に限らず、ほとんどの人に収差は多かれ少なかれ存在するもので、この収差が従来のレーシックよりも少なくなると、視力回復の効果がさらに良くなることが期待できます。
また収差が少ないと、暗い場所などで瞳孔が大きくなっても、光学的な精度を落とすことがないので視力は良好です。

デメリットはまず、ウェーブフロントアナライザーがデータをはじき出すまでに1時間近くかかることです。またウェーブフロントレーシックは、イントラレーシックと同様症例実績が少ないため、ウェーブフロントアナライザーのデータの精度をまだ疑問視する声もあります。
ウェーブフロントレーシックを行うためには、ウェーブフロントアナライザーと、それに連動させるためバージョンアップしたエキシマレーザーが必須で、コストが非常にかかります。すでに効果や安全性が確立されたレーシックで十分であると考える医師も少なくなく、実際導入しているクリニックもまだ少ないのが現状です。手術費用も必然的にレーシックよりも高くなります。

ウェーブフロントレーシックでは、レーシックよりも角膜を厚く切除するため、角膜の薄い方は不適応の場合があります。しかし最近では、フラップ作成にマイクロケラトームでなくイントラレーシックと同様に、イントラレーザーを使用した「イントラ・ウェーブフロントレーシック」も登場しています。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!