レーシック 手術最前線TOP > 近視矯正手術

近視矯正手術とは

近視矯正手術とは、これまでのメガネやコンタクトレンズが装具として身につけるものであったのに対し、手術を行なうことによって装具なしで視力を回復してしまうという方法です。
角膜にメスを入れたりレーザーを照射することで屈折率を変える手術の方法で、RKPRKレーシックなどさまざまな種類があります。また一部では、眼内にレンズを挿入する手術もあります。

近視矯正手術のメリット・デメリット

近視矯正手術のメリットは、一度行なえばずっと裸眼で日常生活送れることです。コンタクトレンズのような手入れの煩わしさもありません。
また、手術と聞くと危険なイメージがつきものですが、現在主流となっているレーシックは、医療機器の進歩と熟練した眼科医が行なうことにより、安全性がほぼ確立されています。
前述「コンタクトレンズについて」で述べた角膜内皮細胞の減少についても、コンタクトレンズの長期装用と比べかなり少なくすみます。

とはいっても手術なので、合併症が皆無とはいえません(後述)。また、これはオルソケラトロジーと逆の考え方になるのですが、一度行なうと元に戻せません。
近視矯正手術を一度行なうと、度数の調整で追加をすることは可能ですが、メガネやコンタクトレンズを交換するように簡単には行なえないのです。そのため近視矯正手術を行なう際は、事前の検査や診察を今まで以上に慎重に行なわなければなりません。
以上、簡単に近視矯正手術について述べましたが、詳しくは後の頁に記載します。

このように、近視の矯正にはさまざまな方法があります。自分に適した方法を選択するには何を基準にしたら良いでしょう?続いては「最適な近視矯正とは」をご覧ください。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!