レーシック 手術最前線TOP > メガネについて

メガネのメリット・デメリット

メガネ近視矯正のうち、最も歴史があるのはメガネです。近視の場合、凹レンズの入ったメガネをかけることで矯正できます。
メガネのメリットは、なんといってもつけ外しが容易なことです。またコンタクトレンズと異なり眼球に接触しないため、長時間使用しても目を傷つけることがありません。
メガネのデメリットは、他の方法と比較して近視矯正の精度が低いという点です。メガネは眼球から離れた位置で矯正を行なうため、実際よりも像が小さく見えてしまいます。
また、視野角も制限され、像の周辺部にひずみが起こってしまうため、スポーツをする時などにはあまり向いていません。
メガネは、かけている方の外観や印象を決定づけるため、美容上の面でも善し悪しがあります。

正しいメガネの矯正方法

メガネは正しい度数で!現在は、メガネのレンズはガラスに代わってプラスチックが主流です。プラスチックは屈折力が大きいため、軽く薄いレンズをつくることができます。また、ガラスのように割れるという心配がまずありません。
メガネで最も難しいのはやはり度数を合わせることです。通常は眼科医もしくは、「眼鏡士」や「視能訓練士」といった検眼行為の資格を持った人に合わせてもらいます。

ほとんどの方は、よく見えるメガネが良いメガネと考えがちですが、これは正しくありません。このようなメガネは実際には度数が強すぎることが多いため、長時間の使用に耐えられなく、結果頭痛や眼施疲労の原因になります。また、メガネに合わせようと眼球が屈折率を変化させ、近視が進行する可能性があるともいわれています。
メガネは、なるべく低い度数に合わせるのがポイントです。

メガネの交換

近視の方が初めてメガネを作るとき、常時メガネをかけていると近視が進むのではないかと心配される方も多いようですが、目に合った正しい(弱めの)度数のメガネを装用していれば、メガネのせいで近視が進行することはありません。ただし学生などの成長期にはメガネの有無にかかわらず近視が進行しやすいため、これまでのメガネが合わなくなってしまいます。
その場合はメガネを目にあわせて交換します。成長期には、約1年を目安に検眼を行なうことをおすすめします。

続いては、「コンタクトレンズ」について説明していきます。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!