レーシック 手術最前線TOP > コンタクトレンズ

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズは大きく分けてハードレンズ、ソフトレンズの2種類があります。

ハードコンタクトレンズ
弾力性が少なく硬いプラスチック素材で作られており、大きさは約9mmと黒目より小さいため、目の上で大きく動くのが特徴です。以前は素材の性質上、酸素を通しにくく角膜に負担がかかりましたが、酸素透過性タイプ(O2レンズ)が登場し、現在はほぼすべてこのタイプになっています。

ソフトコンタクトレンズソフトコンタクトレンズ
水分を含むとスポンジのように柔らかくなるプラスチック素材で作られており、大きさは約14mmと角膜全体を覆うほど大きいのが特徴です。ハードと比べて装用感が良く、また外れにくいのでスポーツにも適しています。なお、使い捨てレンズはすべてソフトレンズです。

昔はコンタクトレンズといえばハードでしたが、約30年前からソフトレンズが発売され、その後使い捨てソフトが台頭し、現在ではソフトもしくは使い捨てソフトが全体の約80%を占めています。

各レンズの特徴は以下のとおりです。

種類 矯正力 装用感 安全性 費用
ハード
酸素透過性ハード
常用ソフト
使い捨てソフト(1day) ×
使い捨てソフト(2weeks)
連続装用ソフト(1week) ×

コンタクトレンズのメリット・デメリット

コンタクトレンズのメリット・デメリットは、メガネのそれと正反対になります。
コンタクトレンズのメリットは、眼球との距離がほぼゼロの位置で屈折異常を修正するため、メガネと比較して矯正効果に優れている点です。また視野角も広く、メガネのように結露で曇ったりすることもありません。
他人には装着しているのが気づかれないため、美容の面でも優れています。ここ20年間でコンタクトレンズのの利用者が急速に増加したのも、美容的見地からの要因が大きいと考えられます。

コンタクトレンズの装着しかし、コンタクトレンズには、多くの欠点があります。まずは、メガネと比較して毎日のケアが面倒くさいことです。誰でも最初は装用するのに、ある程度の練習が必要です。また一部のレンズを除いては、洗浄や消毒を適切に行う 、装用時間を守る、使用期限を守る、装用したまま眠らないなど制約が多く、結構やっかいなものです。
そして、コンタクトレンズは角膜に直接接触させるため、慎重に装着しないとまれに角膜に傷をつけてしまう可能性があります。また角膜が外気から遮られ酸素濃度が低下し、充血の原因となるため、あまり長時間の装用ができません。

コンタクトレンズと角膜内皮細胞

角膜の内側には角膜内皮細胞があります。この細胞には角膜と虹彩の間にある「前房」と呼ばれる部分に水分を送って、角膜の透明性を保つ働きがあるのですが、長期間コンタクトレンズを装用し続けると、細胞のエネルギー源である酸素が遮られ、水分を送ることができなくなり、内皮細胞が脱落して減少してしまいます。
角膜の透明性も保たれなくなり、白く濁ってきます。また内皮細胞はいったん減少してしまうと元に戻らないのです。内皮細胞が濁って減少してしまうと角膜移植手術しか方法がありません。
この角膜内皮細胞の減少が、コンタクトレンズの最大の欠点です。長期間コンタクトレンズを使用している方は、一度は眼科にて内皮細胞検査を受けることを、ぜひおすすめします。

続いては、「オルソケラトロジー」をご覧ください。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!